芸術を愛する

音と考えの新たな体験
新たな発見の旅

ファンタジー 音と考えの実験劇場

2015年05月16日

考えは一体どういうものに影響されるだろうか?

「音」は考えを影響する核心的なキーの一つである。「音」は一種の見えない力であり、音波という形で存在する。目には見えないが、確実に人々の考えに影響を与える。つまり、聞いた音が脳の中の考えを影響するので、何を聞いたかがとても重要だ。

企画チームは映像とライブの即興演奏を通して、音が確実に私たちの考えを左右するということを皆に理解させた。その内容は:

シナリオミニ劇場

同じ映像を見ても、違う背景音楽によって、考えが違ってくる。同じシナリオに違う背景音楽をつけることで、画面が変わらなくても、聞いた背景音楽が違うことで、考えが変わるということを皆に実感させた。臨場感がたっぷりだ!

音クイズ

バンドがライブで演目を演奏し、皆がどういう状況なのかを当てる。これは皆さんの魂体へのチャレンジでもある!ウォーミングアップとして、例えば「乙女の祈り」という曲を聞く時に、何が思い浮かぶか?そう!ゴミ出しだね!面白いだろう?

最初の声を聞く

音楽も後の表現の一つであり音楽の起源の一つは、神様に栄光を帰する賛美である。恩光教会の再創造楽団が温かくて、感動的な曲を捧げた。

音によって考えが触られ、影響される過程を通して、参加者皆がこのような角度で「見る」のが本当に新鮮で面白いと言った。近年脳波の研究が盛んになっており、煩雑な騒音の中に、あなたも「内なる声」を見つける旅に出かけてみないか?

主催団体: CGM, Taiwan